4月の有効求人倍率1・48倍の数字の背景

厚生労働省が30日午前発表した4月の有効求人倍率が1.48倍となりバブル期を上回ったというニュースが流れました。私ならずとも違和感を感じた人も多いと思います。人手不足という状況は聞いています。これは一部企業を除いて大半の企業が給与が安いからです。募集しても人は来ません。派遣会社に登録すれば、正社員募集の給与より手取りが多く貰える実態があります。将来を見据えた昇給や、年金などは若い人はあまり考えませんから安い給料には応募しません。また職を失った中高年の人は生活のためお金が要りますからこちらも安い給料には手を出しません。こんな背景があると思います。実際職安、新聞、就職誌に出しても電話すらかからないという企業は沢山あります。実際正社員の有効求人倍率は0.97倍と書かれてあります。
バブル期を超えたとあたかも好景気になっているような錯覚に陥りますが、これは厚生労働省の宣伝じみた発表のように思えます。企業は大きくなるにつれ、末端の社員の非正規化を図っています。中核の幹部のみ社員で部下はすべて非正規という業態は沢山あります。このような数字のマジックを発表する前に企業の規模別正社員比率を法律で設定したほうがいいと思います。

田中聖 元KAT-TUNととりあげるのはどうかと思う

田中聖やはりだった。KAT-TUN脱退の噂の前からあぶなそうな匂いを醸し出していたにちがいない。いつもおもう。こんな不祥事をしでかした者の事を今必死で活躍している者とごちゃごちゃにしないでほしいと。元KAT-TUNと取り上げるのはKAT-TUNにたいしての失礼極まりない侮辱である。さもKAT-TUNのメンバー全員が何かしら感づいていただろうともとれる様なニュアンス。行動言動がおかしいと思っていたかもしれないが本人が、わたし薬やってます。と言わない限り知るわけがない。もしメンバーの誰かが田中聖の言動行動に対し本人に何か忠告したならその時はきっとキレまくったに違いない。当たらず障らず腫れ物を扱う様に接して来たのだろうと思うとメンバー同士の絆などなかっただろう。この疑惑がチラホラ出始めたのもあり、いち早くの脱退だったのだなと今になると思われる。もしかしたら自らの脱退は見せかけで事務所から辞めさせられていた可能性もありそうだ。マスコミにマナーという心があるのならばメンバーにはこの件について触れないであげてほしい。何も答える事などできないのだから。赤西仁が日本の他の事務所に入る記事を読んだ。同じ様なタイミングであまりにも違いすぎる若者。田中聖は火の粉は自分の思っている以上に舞い上がる事をわかっているのであろうか。この先絶対に薬を断つ事のできない人物だろう。

ニホンカモシカが市街地にあらわれたらしい

お昼に「ワイド!スクランブル」を見ていたら、「ニホンカモシカが市街地で目撃された」というニュースをやっていてびっくりしてしまいました。

どうやら、ニホンカモシカがあらわれたのは愛知県尾張旭市らしいです。ニホンカモシカは国の特別天然記念物なはずなのに、どうしてこんな動物がこんなところにいるのか本当に不思議です。いったいどこからどうやって、こんなところにまで来ちゃったんでしょう。

「ワイド!スクランブル」では、ニホンカモシカは放っておけば人を攻撃したりしないし、そのうち帰っていくはずだというような話をしてたので、なんとかニホンカモシカ自身で自然に帰って行って欲しいなぁと思います。

こういう野生動物が街の中に出没、みたいなニュースをやってると、いつも無事に帰って行ってくれることを祈ってしまいます。いろいろ動物に対しては考え方があるのだろうし、クマみたいに人にとって危険な野生動物もいるので難しいところなんですが。それでも、偽善かもしれないけど、なんとか傷つけることなく、自分たちの住処に帰って行って欲しいです。

それにしても、住宅街に佇むニホンカモシカの映像はかなり衝撃的というか非現実感がありました。住民の人とかはびっくりしてるだろうな~。

アメリカの無敵艦隊本当の意味は、、、

メディアが連日報道している北朝鮮問題の中で、アメリカが西太平洋に無敵艦隊を送り込んだと一部のメディアが報じました。Twitterなどでも「無敵艦隊すごい」「アメリカもガチやな」など多くのツイートがありました。無敵艦隊といえば、私が思い浮かべるのはスペインの無敵艦隊です。これは、1588年に英仏海峡で行われた緒戦の総称らしいです。なにか、学生の頃に歴史で習ったのを思い出します。興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか。

しかしながら、ある一部の声では、役が間違っているのではないかとささやかれ始めました。英文で無敵艦隊は「the armada」なのですが、もともとアメリカのFoxニュースが報じた文では「an armada」になっていました。これは無敵艦隊とは呼びません。こういった事が後にTwitter上でも多くの意見が寄せられました。それでは、正しくは何と訳すのでしょう。

調べてみると、「an armada」は直訳すると「大規模な艦隊」という意味らしいです。確かにこちらの方がしっくり来そうです。しかし、無敵艦隊は皮肉な意味でも使われますので、訳した記者がトランプ政権に皮肉った意味であえてこういう表現をしたのかもしれませんね。

浅田真央さんの現役引退について

ここ数日話題になっているのが、やっぱり浅田真央さんの現役引退だと思います。
ブログで引退を表明しただけで、テレビ局が一斉にニュースやワイドショーなどで取り上げる時間が長くてビックリしました。

それだけ浅田さんの功績と人気が凄いのだと思いました。私の印象は、年齢が規定に達していないので、実績があってもオリンピックに出場できなかったというのが強い印象です。

しかし、その後は色々な大会で優秀な成績をあげて、凄いと思っていました。浅田さんが活躍している時に常にライバルだった、韓国のキムヨナさんとの良い競い合いも魅力的なものでした。
韓国メディアも浅田さんの実力を認めていて、ジャンプや細かい演技を卒なくこなすと評価しているのが、キムヨナさん。
トリプルアクセルなど難易度の高い技をこなすのが、浅田さん。このような表現で2人を賞賛していました。アスリートには、引退する時が必ずくるので仕方ない事だと思いますが、アイススケートと言えば浅田真央さんというイメージがあるので、少し寂しい気持ちがします。

あれだけの実績がある人なので、今後の新たな形での活躍が楽しみではあります。テレビCMなどでもかなり浅田さんを観る事が多いので、今後もテレビなどで活躍して欲しいです。

日本スケート会のヒロイン浅田真央が引退

このところ不調で大会にも出ていなかった浅田真央が自分のブログで引退を発表しました。
街の驚きの声とテレビで流れていましたが、まぁするだろうなとは思っていました。

一年休業して復帰して全然ダメでしたからね。正直良く頑張ってきたと思います。
上から目線みたいになってしまってますが、一番いい時に休業してしまったんだから仕方ないんじゃない?です。

これからどんどん若い子が出てきて、先輩として後輩と競ういい時期だったと思うのにその間に休業していたのが酷く残念でなりません。自分の精神的な問題などいろいろなことがあっただろうとは思います。思うように滑れなくてスケートから離れたいと思っての休業だったのだと。

だとしても好きだったらなおさら休まずに練習してすけーのと向き合うべきだったのではないかとも思ってしまうのです。彼女の諦めない、強い精神を私は好きでした。

だからこそ休業はしてほしくなかった。

良い結果が残せずに引退することになって彼女自身も悔しいとも思います。私ももっといろいろな演技が見たかったです。彼女の演技は今の選手たちにはないしなやかさ力強さがありました。

今後どんな道を選ぶのかはわかりませんが、彼女が指導者になればきっとまた素晴らしい後継が現れるのではないかと思うとそれも楽しみです。

PTAの必要性を本気で考える時が来たのかもしれません。

ここ数年、ネットなどで議論され続けているPTAの必要性。

本来の目的とはかけ離れてきているという意見も多く

子供を持つ親にとってとても大きな問題です。

ボランティアでの参加がほとんどだったものが、

今では強制的に役員をしなければなりません。

ある小学校では保護者が過去に役員をしたか否かをリストで管理されており、

小学校6年間のどこかで一度は必ずやらなければならないと言います。

この強制的なものはいかがなものかと思います。

専業主婦だからやるべきとか、ワーキングママだからと言って

役員をやらないのは不公平であるなどの議論自体に疑問を持ちます。

役員同士のメールのやり取りで、誹謗中傷する人がいたり

これは単なるイジメだと思います。

子供にイジメはいけない、弱い立場の人に手を差し伸べなければならないと教えるべき

又手本となるべき大人が、メールで陰口を叩き弱い者をイジメるのです。

こんな環境で育った子供達の将来が本当に不安でなりません。

学校や先生のお手伝いをするという活動をすること自体はとても良い事だと思いますが

周りの人を巻き込んで事を大きくし、それを正当化する人がいるのであれば

一層の事、PTAというシステムをなくした方がみんなのためだと思います。

歌のお兄さん卒業、と新しいお兄さん登場

NHK・Eテレの「おかあさんといっしょ」歌のお兄さん、横山だいすけさんが卒業というニュースを観ました。
放送ではコンサートの総集編の後に、「だいすけお兄さんからお話があります…」と卒業の挨拶がありました。

約9年間歌のお兄さんとして、テレビに出たりコンサートの舞台に立っていたそうで、そんなに長い間を歌のお兄さんとして過ごして来たのなら感動もひとしおだったと思います。
子供向けの番組なのでカラッと明るい感じのお別れでしたが、裏では他の出演者の方々含め大号泣だったのでは…と想像します。

9年というと、番組の対象年齢の3歳で見始めた子供が、小学校を卒業するくらいですからすごいです。複数の子供が居るお母さんなんかは、何年も毎日その歌声を聴き続けたのですから思い入れも半端ないと思います。

そして!番組では早速新しい歌のお兄さんの紹介もありました。次のお兄さんは、花田ゆういちろうさんだそうで、ゆういちろうお兄さんと呼ばれるのですかね。
最初だけあって緊張している様子でしたが、それが初々しくていい感じでした。目がぱっちりした爽やかな好青年といった雰囲気で、歌のお姉さんのあつこお姉さんといいコンビになりそうです。この先数年経ったら二人が成長していって、また子供たちに親しまれるお兄さんお姉さんになっていくんだろうなぁと思います。

だいすけお兄さんにもまた子供向けのコンサートやイベントに出てもらって、その優しい歌声を聴かせて欲しいです。