4月の有効求人倍率1・48倍の数字の背景

厚生労働省が30日午前発表した4月の有効求人倍率が1.48倍となりバブル期を上回ったというニュースが流れました。私ならずとも違和感を感じた人も多いと思います。人手不足という状況は聞いています。これは一部企業を除いて大半の企業が給与が安いからです。募集しても人は来ません。派遣会社に登録すれば、正社員募集の給与より手取りが多く貰える実態があります。将来を見据えた昇給や、年金などは若い人はあまり考えませんから安い給料には応募しません。また職を失った中高年の人は生活のためお金が要りますからこちらも安い給料には手を出しません。こんな背景があると思います。実際職安、新聞、就職誌に出しても電話すらかからないという企業は沢山あります。実際正社員の有効求人倍率は0.97倍と書かれてあります。
バブル期を超えたとあたかも好景気になっているような錯覚に陥りますが、これは厚生労働省の宣伝じみた発表のように思えます。企業は大きくなるにつれ、末端の社員の非正規化を図っています。中核の幹部のみ社員で部下はすべて非正規という業態は沢山あります。このような数字のマジックを発表する前に企業の規模別正社員比率を法律で設定したほうがいいと思います。

田中聖 元KAT-TUNととりあげるのはどうかと思う

田中聖やはりだった。KAT-TUN脱退の噂の前からあぶなそうな匂いを醸し出していたにちがいない。いつもおもう。こんな不祥事をしでかした者の事を今必死で活躍している者とごちゃごちゃにしないでほしいと。元KAT-TUNと取り上げるのはKAT-TUNにたいしての失礼極まりない侮辱である。さもKAT-TUNのメンバー全員が何かしら感づいていただろうともとれる様なニュアンス。行動言動がおかしいと思っていたかもしれないが本人が、わたし薬やってます。と言わない限り知るわけがない。もしメンバーの誰かが田中聖の言動行動に対し本人に何か忠告したならその時はきっとキレまくったに違いない。当たらず障らず腫れ物を扱う様に接して来たのだろうと思うとメンバー同士の絆などなかっただろう。この疑惑がチラホラ出始めたのもあり、いち早くの脱退だったのだなと今になると思われる。もしかしたら自らの脱退は見せかけで事務所から辞めさせられていた可能性もありそうだ。マスコミにマナーという心があるのならばメンバーにはこの件について触れないであげてほしい。何も答える事などできないのだから。赤西仁が日本の他の事務所に入る記事を読んだ。同じ様なタイミングであまりにも違いすぎる若者。田中聖は火の粉は自分の思っている以上に舞い上がる事をわかっているのであろうか。この先絶対に薬を断つ事のできない人物だろう。

ニホンカモシカが市街地にあらわれたらしい

お昼に「ワイド!スクランブル」を見ていたら、「ニホンカモシカが市街地で目撃された」というニュースをやっていてびっくりしてしまいました。

どうやら、ニホンカモシカがあらわれたのは愛知県尾張旭市らしいです。ニホンカモシカは国の特別天然記念物なはずなのに、どうしてこんな動物がこんなところにいるのか本当に不思議です。いったいどこからどうやって、こんなところにまで来ちゃったんでしょう。

「ワイド!スクランブル」では、ニホンカモシカは放っておけば人を攻撃したりしないし、そのうち帰っていくはずだというような話をしてたので、なんとかニホンカモシカ自身で自然に帰って行って欲しいなぁと思います。

こういう野生動物が街の中に出没、みたいなニュースをやってると、いつも無事に帰って行ってくれることを祈ってしまいます。いろいろ動物に対しては考え方があるのだろうし、クマみたいに人にとって危険な野生動物もいるので難しいところなんですが。それでも、偽善かもしれないけど、なんとか傷つけることなく、自分たちの住処に帰って行って欲しいです。

それにしても、住宅街に佇むニホンカモシカの映像はかなり衝撃的というか非現実感がありました。住民の人とかはびっくりしてるだろうな~。